side_logo.gif

【住所】
静岡県浜松市中区元目町120-18
大豊ビル1階

【営業時間】
9:00~21:00

【定休日】毎週火曜日

side_tel.gif
facebook twitter mixi

HOME > 院長・スタッフブログ整体日和

院長・スタッフブログ整体日和

年始は1月5日より営業致します。

こんにちは、今年も一年御愛顧頂き誠にありがとうございました。

 

12月31日より1月4日までお正月休業とさせてい頂きます

 

 

年始は1月5日より営業致します。

 

 

年内まだご予約枠の空きもございますのでどうぞお気軽にお電話ください。

 

 

 

院長松本

 


T様ありがとうございます。

皆さまこんにちは!スタッフの大沢です。

何かと忙しくなりがちな年末、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

グッと冷え込む近頃ですが、先日はお客様のT様よりほっここりするものを頂きました(*^。^*)



竹村さん頂きもの.JPG

 

 

この飾りなんと一枚の和紙から作った折鶴が沢山です。

凄く繊細な折り紙。 お見事です!

T様いつもありがとうございます!



“ 肩こり、腰痛、首痛 酸素カプセルならもとしろ整体まで ”
 


LEDの看板がつきました

 

みなさんこんばんは!スタッフの大沢ですeyeglass

 

new今週から新たに店舗外にLED看板がつきました。

 

 

看板LED.JPGのサムネイル画像

 

こちらの看板はなんと動画なんです!

 

常連のお客さんはすでにご覧になって頂いてるのですが、

 

意外と気づかなったと言う声もcrying

 

こちらの看板でも情報発信できたらと考えております。

 

是非一度ご覧になってくださいね!

 

 

 

 


冬におススメ!呼吸器復活メソッド

皆様こんにちは!スタッフの大沢ですeyeglassshine

 

だんだんと寒くなってきましたね~。

 

寒くなってくると背中が丸まって肩も内に巻いてしまいますよね。

そのような状態が続くと深い呼吸ができなくなり、常に浅い呼吸の状態になりやすいです

 

呼吸器が弱ることで生命力が落ち病気や不調になりやすくなるのです。

 

そんな時におすすめなのがこの呼吸器復活メソッドです。

 

①片方の手を反対側の脇腹(肋骨)に手をあてる

②もう片方の腕を前に出し体の前を通るようにゆっくり腕をあげていく (同時に脇腹にあてた手で肋骨を持ち上げる)

③ そのまま腕を真上まで上げていく

④肋骨が持ち上がった状態をキープしつつ、腕を後ろへ回していく

⑤同じ手順でもう片方の腕も回し終えたら深呼吸

 

どうでしょう?肋骨が動きやすくなったのを感じられるでしょうか?

呼吸器が復活すれば生命力が上がり病気や不調にもなりにくくなるのです!

 

肺.jpg

 

 

普段、呼吸器が弱っているとはなかなか実感しにくいものですが、

是非意識してみてくださね。

 

 

 

 

 

 


12月19、31日は休業日となります。

12月は毎週火曜日の他に、

 

19、31日が休業日となります。

 

大変ご迷惑をおかけ致しますがよろしくお願いたします

 

                                                   院長松本

 

 


11月21日(月)は休業日となります。

11月の休業日のお知らせ。

 

毎週火曜日の他に11月21日(月)が休業日となります。

 

大変申し訳ございませんがよろしくお願い致します。

 

 

                                院長 松本

 

 

 

 

 

 

 


卒業式!

こんにちは!

 

 

ご存知の方が多いと思いますが、

 

 

スタッフの川田が卒業し自宅でお店をすることになりました。

 

 

正直、嬉しくもあり、寂しくもあります。

 

 

もとしろ整体の創業当初、私と妻と3人で施術をしていました。

 

 

早いもので、もう7年経つんですね。

 

 

妻が産休に入ってからもいろいろと気配りをしてくれて、

 

 

お蔭さまで、とても助かりました。

 

 

感謝、感謝shine

 

 

これから、ますますご活躍されると思います。

 

 

御自宅で新たに整体を始めますので、

 

お店を知りたい方は当院にお問合せくださいね。

 

 

今後ともよろしくお願い致します!

 

 

松本

 

too.JPG

お隣さんの、メルカート・ディマーレさんで送別会をしましたwine

 

 

川田先生は黄色が好きなので黄色いお花をプレゼントhappy01

 

 

この日も、Tシャツとパンツが黄色でした。

 

 

どんだけ好きなのよーhappy02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


8月も通常通りの営業です。

こんにちは!
 
 
梅雨が終わってから、
 
 
暑い日が続きますね。
 
 
近頃、エアコンによる、体のダルさ、
 
足のむくみを訴える方が多くなりました。
 
ずっと座っていたりして、筋肉を使わないと、
 
静脈から水分が漏れ出してむくみが出ます。
 
仰向けで両手足を天井の方へ上げてブルブルさせるゴキブリ体操や
 
貧乏ゆすりも筋肉が動くので効果的ですよ。
 
ぜひ、お試しください
 
施術で改善される方も多いので、
 
気になる方は、お気軽にご相談ください!

~~~~~~~
当院の酸素カプセルは、
 
濃縮酸素も吸えるので相乗効果がとても?いです。
 
酸素濃縮器もグレードUPして、
 
さらに高濃度の酸素が出るようになりました!
 
お疲れの方は是非お使いくださいね。
 
酸素カプセル
50分 2000円
 
整体とのセットがおススメですよ!!
 
8月のお休み毎週火曜日
 

足のむくみ だるさに リフレクソロジー

こんにちは!
 
6月4日に梅雨入りましたね
 
この時期は、湿度が高いのでジメジメ、蒸し暑く、体が重だるく感じます。
 
この時期は、日中の温度差で体調を崩しやすいので、
 
お体を冷さないようにお気を付け下さいね。
 
〇十分な睡眠
〇疲労回復のビタミンB群(玄米、納豆、豆類、うなぎ、カツオなど)の摂取
〇歪みを整えて自律神経のバランスを整える
 
これらも大切ですよ!(^^)!
 
 

 
ふくらはぎのむくみ、だるさがスッキリ!
 
 
リフレクソロジー約30分
只今 3000→2500
6月末まで
 
整体とのセットがおススメですよ!!
 
6月のお休み毎週火曜日
☆・・☆・・・・・・・☆・・☆・・・・・・・☆・・
 【今日の言葉】

もう二度と立ち上がりたくないという限界まで来た時に、あと一回、あと半歩とまた立ち上がる。その積み重ねが、壁をやぶることにつながっていく

宮本祖豊(比叡山延暦寺十二年籠山行満行者)
▼月刊『致知』2015年12月号「人間という奇跡を生きる」より

 

下半身太りの原因は?

 
こんにちは、

浜松城公園では、明日まで家康楽市をやっています。
おもしろそうなイベントもやっていますよ!
 
さて、今回は下半身太りの解消法についてです。
 
「上半身は痩せるけど、下半身が痩せない!」
という方は多いかと思います。

考えられる原因は?
 
1)骨盤の歪み
2)足の歪み
3)椅子の座り方
4)筋肉量が少ない
 
などが上げられます。
 
1)骨盤の歪み
骨盤が歪むと、股関節まわりの筋肉が固くなり、モモの付け根を通っている血液やリンパの流れが悪くなります。
また、内臓が歪むので、代謝が低下して老廃物が溜まりやすく、むくみやすくなります。
 
〈解消法〉
まずは整体で骨盤の歪みを治す必要があります。
 
2)足の歪み
足は体の土台です。足の形は、実はとても重要です。足にはねじれの外力が加わるので、足のバランスが悪いと、ひざや股関節が外側に出やすくなります。
それぞれ負担がかかり、ひざや股関節の外側に脂肪なども付きやすくなります。
 
〈解消法〉
5本指靴下を履く
足のエクササイズ
テーピング
などがあります。
 
3)椅子の座り方
浅く腰かけたり、猫背で丸くなったり、足組をしていると、骨盤や内臓の歪みの原因になります。
 
〈解消法〉
きちんと奥まで座り、骨盤を立てて、坐骨で座ると真っ直ぐ座れて、内臓が動きやすくなり、代謝が上がります。
 
4)筋力量が少ない
女性は男性に比べて筋肉量が少ないため、むくみやすいといわれています。
そして、血液の循環や代謝にも関わり、エクササイズも必要になります。
 
〈解消法〉
○スクワット
足を開き、腕は地面と平行に出して、
つま先とひざの向きを一緒にしてお尻を後下方に落とすように、
ももと地面が平行になるまで落とします。
モモ裏に効いていればOK!
※注意 ひざがつま先より出ないようにする。

 
○内モモとお尻とモモ裏エクササイズ
仰向けで、足をくっつけて両膝を立て、クッションなどをひざの内側あたりに挟みます。
そのままクッションを挟んだままお尻を締めて腰を持ち上げます。
 
それぞれ、まずはゆっくり10回×3セット
呼吸を止めずにやってください。
 
まだありますが、詳しくはお気軽にお尋ねくださいね。
(^^)ノ
 
 
 
下半身太りを解消するのは根気が入りますが、解消できます!
 
希望をもってがんばりましょう!
 
最後まで読んで下さってありがとうございました。
 
松本
 

 まうもとm


<<前のページへ12345678910

アーカイブ

このページのトップへ